くるしま内科循環器クリニック

院長ブログ

糖尿病の食事療法

糖尿病は、高血圧・脂質異常症(高コレステロール血症)・肥満などとともに動脈硬化を進める

生活習慣病の代表です。

実際に、狭心症・心筋梗塞・脳卒中・腎臓病などで当院にかかられている患者さんも

糖尿病で悩んでおられる方がたくさんいらっしゃいます。

糖尿病の治療は、この10年で多くの有効な新薬が出たため、以前より治療の選択肢も増えていますが、

やはり日々の食事療法(+運動)が基本になります。

“ 腹八分にしましょう” 、‟ 間食やジュース・スポーツドリンクは控えてください ”、‟ 体重を減らしましょう ”

とお話するだけでは具体性がなく、患者さんもそれができないので困っておられます。

そこで、糖尿病患者さんごとに、BMI(肥満度)・標準体重・活動度に応じた1日の必要カロリーを計算し、

主食(炭水化物)・主菜・副菜など、より具体的に食事療法のアドバイスができるようスタッフと共に

取り組んでいます(実際に、自分たちも3日分の食事のカロリー計算もやってみました)。

今後、クリニックとしても食事指導をより充実し、患者さんに還元できればと考えております。

 折り紙で立体的なぶどうを作ってくれました🍇

今月も大作です♪