くるしま内科循環器クリニック

院長ブログ

アナフィラキシーショック・救急処置対応

新型コロナウイルス感染の第3波が、ようやく広島でも落ち着いてきました。

そして、新型コロナウイルスワクチン接種がこれから開始されます。

このワクチンの有効率は95%と言われており、インフルエンザワクチンの有効率

50-60%と比べても高く、今後の感染予防に少し光が見えてきた印象です。

ただ長期的な効果・副作用・変異株に対する有効性など、はっきりしていない部分もあり、

接種を受けるかどうか、最終的には各自の判断に委ねられることとなります。

(今月のくるしま内科新聞は新型コロナウイルスについてです。来院時にご参照下さい)

 

ニュース等でも報道されておりますが、新型コロナワクチンによるアレルギー反応、

なかでも全身性のアレルギー反応、突然呼吸循環器系の危機的状態となるアナフィラキシーショック

が懸念されております。

アナフィラキシーショックは、従来のワクチンで100万人に1人、

ペニシリン(抗生剤)で5000人に1人、新型コロナワクチンで10-20万人に1人

とされており、突出して多いというわけではありませんが、接種を行う際は、万が一に備え

体制を整えておく必要があります。

当院でも新型コロナワクチンを行う予定であり、アナフィラキシーショック・院内急変時

(心肺停止等)の救急処置対応を院内マニュアル含め準備し、心肺蘇生の練習も行いました。

スタッフ全員で意識を統一し、1秒も無駄にしないよう迅速に処置・対応したいと思います。