くるしま内科循環器クリニック

院長ブログ

2017年5月開院

長引く咳

朝晩の冷え込みが徐々に強くなってきました。

これまで循環器内科医として病院勤務していた時は、この季節になってくると心不全の悪化に

よる呼吸困難・咳で来院・入院となる患者さんが多くおられました。

今、クリニックで患者さんの診察をしていると、思った以上に喘息(咳喘息も含めて)や気管支炎

などを合併された長引く咳の方が多いことに気づかされます😲

心不全か喘息か、、、聴診所見や浮腫の有無が診断のきっかけになることも多いため、

患者さんの体から発せられる訴えに、しっかりと耳を傾け診察を行いたいと思います。

聴診も胸だけでなく背中からの聴診、足の浮腫や体重増減のチェックも大切です😊

 

秋口から、咳や発熱で来院される患者さんがぐっと増えてきました。インフルエンザもぼちぼち出始めており、

ベッドとは別に、カーテンで区切ったスペースを作りました💺

インフルエンザ検査の結果が出るまでは、待合室でなくこちらで待機していただいております。


インフルエンザワクチンも大切ですが、まずは手洗い・うがい・睡眠で風邪を予防しましょう♪

 今週から、プリンセチアのお花を受付に置いています。

花言葉は “思いやり💛”