くるしま内科循環器クリニック

スタッフブログ

くるしま内科新聞 8月号 Vol.51

梅雨が明けてほっとしたのも束の間、連日猛暑が続いています。🌞

熱中症が疑われるような患者さんも増えてきています。

しっかりと水分補給をし、十分な休息をとるよう気を付けてください。

くるしま内科新聞今月号は、熱中症についてです。

熱中症初期段階は、汗が出ているため体温は上昇しませんが、

大量の汗をかき、体内の水分が失われると、

それ以上汗をかくことができず、体温が上がってしまいます。

体温調節機能が失われると、42℃を超える高熱、生命の危機に陥ります。

熱中症は、症状に応じて対応が異なりますので、注意が必要です。